ケン ジャパン。 日産・スカイライン

HARKEN JAPAN ONLINE SHOP

ジャパン ケン

1969年10月以降L20型エンジンを搭載するセドリック、グロリアとスカイラインで新設計のエンジンに順次切り替わり、120PS(ハイオクガソリン仕様)となった。 エンジンのラインアップは、2. プラットフォームはこれまで通りローレルと共通だが、当時日産が推し進めていたの最重要車種としての位置づけにより大幅な設計変更がなされ、フロントサスペンションがマクファーソンストラットからマルチリンクに変更された。 1964年5月 第一回日本グランプリ惨敗。

9
発売初期のCMキャラクターは。

製品情報

ジャパン ケン

オプションでを設定。 また、日産は、このモデルにてハコスカ以来となるとしてに復帰。

4
5LターボRB25DET型の3種類。 1963年10月 第10回に、S50型をベースとした2ドアクーペ「スカイライン1900スプリント」を参考出品。

製品情報

ジャパン ケン

5月 第1回B-IIクラスに「スカイライン・スポーツ」、C-IVクラスに「スカイライン」がそれぞれ参戦。

17
ハードトップ1800はスポーティGLの単一グレードだった。 Browse through our great new range of casual sailing wear and accessories. 時速70kmを超えるとフロントエアダムから自動でせり下がる「GTオートスポイラー」や4WAS(現在の)もオプション設定された。

製品情報

ジャパン ケン

つり目4灯ヘッドライトの特徴的なスタイル、クーペとの2タイプの設定等、注目を集めたが、ボディのほとんどがイタリアの職人の指導によるハンドメイド(ジョバンニ・ミケロッティとアレマーノ社の手により製作)で高コスト・高価であり、また市場も十分に育っていなかったため、製造台数は60台ほどでビジネスとしては成功したとはいえない。 市販モデルではフロント周りを見直されている。

9
1960年11月 第42回トリノショーにイタリアの「」にデザインを依頼した「スカイライン・スポーツ」(BLRA型。

製品情報

ジャパン ケン

搭載するエンジンは直列4気筒OHV・1,484ccのGA30型で、系の設計の発展形であるプリンス在来型エンジンの改良であるが、60の出力は、競合するトヨタや日産の同クラス車を上回るものであった。 セダンGT-Xにはパワーウィンドウが装備されない。

モデル末期頃に日産車統一仕様の一環として5MT車の左テールランプ下部に「5speed」のエンブレムが追加取り付けされた、次代C110型へのフルモデルチェンジ間際であったため取り付けられた車輌は極めて少ない。

日産・スカイライン

ジャパン ケン

1961年にはスカイライン同様に1,900ccモデルも追加されている。 注文数が大きく上回り、発売日には抽選で販売した。

12
生産終了前月までの国内新車登録台数の累計は8万6190台 2006年11月 V36型の発表・発売によりセダンの販売終了。 1987年11月のインターTECにてデビューし、全日本ツーリングカー選手権をはじめ国内レースを席巻した。

台湾製 平面研削盤、門型マシニング、五面加工機、立旋盤、横中ぐりフライス盤、ガンドリル、トイシ成形機、ラジアル盤、フライス盤等台湾製工作機械 製造販売

ジャパン ケン

マイナーチェンジと同時に、当時のグループAのホモロゲーションモデルとして「2ドアスポーツクーペGTS-R」を800台限定で設定。 また、丸型のテールランプが廃止(後のマイナーチェンジで復活)、全体的なデザインテイストの変更などを行われたことなどから、新世代のスカイラインの在り方を表現したモデルといえ、プレミアム・スポーツセダンとしてみた場合、性能的にポテンシャルは極めて高い。

9
1月 特別仕様車「GTSタイプG リミテッド」を設定。 グレード展開は、スタンダードとデラックスのみであったが、デラックスにはシート形状とにより、ファミリーデラックス(3速・)、ツーリングデラックス(3速コラムシフト・セパレートシート)、スポーティデラックス(4速フロアシフト・セパレートシート)の3種のほか、の「Lパック」がメーカーオプションとして用意され、バリエーションを確保した。

日産・スカイライン

ジャパン ケン

平成12年排出ガス規制の非適合車種に設定された生産猶予期限が切れるためである。 フロントグリル、リアガーニッシュがハニカム調のデザインに変更されたほか、シート縫製基調など細部の変更が施された。 本車種のエントリーカードは「SKYLINE」のロゴが入った専用品であったが、後に他車種へ展開されたときには「NISSAN」ロゴのみが入った汎用品となった。

10
4ドアセダンは ヨンメリと呼ばれることもあるが、これは、「4( ヨン)枚(ドア)のケン メリ」の略である。 最高出力は105馬力。