オブ ラディン 号。 ゲーム感想 オブラディン号の帰還|とらつぐみ|note

Return of the Obra Dinnとは (リターンオブジオブラディンとは) [単語記事]

号 オブ ラディン

士官候補生の一人が死んでいった仲間を見て膝から崩れ落ちていたのは衝撃的だった。

8
フォルモサの王族を連れていたのは人質兼貝殻の管理者として。

オブラディン号の帰還 ネタバレ有り|yamashiro1944|note

号 オブ ラディン

実際はどうかは知らないし、これが国語のテストでも知る必要はない。 『オブラディン号の帰還』 あらすじを紹介すると、だいたいこんな感じ。

2
傑作『Return of the Obra Dinn』を生み出すため、いかに苦しみ抜いたのか AUTOMATON• なのでわりと判定は後回しに。

個人的に今年1番ハマったインディーゲームといえば?

号 オブ ラディン

今回のオブラディン号に豚や牛といった新鮮な食料が豊富に積まれているのもそう言った船の食料事情が改善されつつある時期の出来事という感じがある。 私は無事ほとんどの船員たちの行く末を特定した。 ・ジャンジエ:乗組員の寝床をなにかヒントがないかと血眼になって探した結果判明。

オブラディン(Return of the Obra Dinn)とは? 「オブラディン(Return of the Obra Dinn)」は、主人公である保険金調査員を操作し、数年間行方不明となっていた乗船「オブラディン号」の乗員の安否を探っていく推理アドベンチャーゲームです。 その様子を観察して記録し、オブラディン号のたどった運命を明らかにしましょう。

オブラ・ディン号の帰港(Return of the Obra Dinn)のネタバレなし感想&攻略ヒント

号 オブ ラディン

予約のキャンセルは「アカウント情報」の「予約済み商品」からおこなえます。 ナイフを振り上げている人が誰なのかもわからなければ、刺されている当人も誰なのかわからない。

5
これに関してはヘッドフォンを外すくらいしか対処法がないため、次作があるのならば足しげく通わせるところの音には気を配って欲しい。

ラディン号の帰還

号 オブ ラディン

まーーーーじでニット帽マンの名前がわからなくてすごい困る。 フィリップの足が移動しているのは、猿が運んだからという考察を別のサイトでみました。 特に二人以上が揉みあいになっていたり、距離が離れていると、なかなか選択されなくて、煩わしさを感じる場面が何度かありました。

16
世界で最も影響力のある100人とは セカイデモットモエイキョウリョクノアルヒャクニンとは [単語記事] ニコニコニュース. ですが、調査をすすめていくうちになんだか愛着がわいてくるんですよね。 二等航海士ともあろう人物があのようなことをし、結果として部下を大量に失い、そして自分も殺される。

『Return of the Obra Dinn』死者の残留思念を通じて漂着船の数奇な運命を解き明かす、思わずノートにメモしながらプレイしたくなる傑作推理ADV

号 オブ ラディン

・他の司厨手:司厨手は角えりの作業着を着ているので役職は簡単に判明。

1
そういえば壁の穴も棘が刺さったものとは違う。 オブラディン(Return of the Obra Dinn)のシステムや特徴を解説! 本項では、オブラディンのゲームシステムと特徴について紹介します。

オブラディン号の帰還は推理テストの時間|名無しさん|note

号 オブ ラディン

オブラディンをプレイするまで船関連の知識や伝承にほぼ触れたことがなかったので、参考になりました。 当然の最期だが貝の呪いに踊らされた哀れな男なのかもしれない。 そして渡された手帳と髑髏マークのついた懐中時計。

5
一般船乗りならまだしもウィリアムは船長の友人だし押し入ってまで貝を奪うとは考えにくい あと航行序盤から荷物で事故死とか肺病があったのも貝の呪いが呼び寄せた不幸なのかもしれない。

オブラ・ディン号の帰港(Return of the Obra Dinn)のネタバレなし感想&攻略ヒント

号 オブ ラディン

-- 名無しさん 2020-10-26 07:59:07 名前: コメント:. オブラ・ディンのここはイマイチ めちゃくちゃ船酔いする 3D酔いしやすい人は注意してください。 でもその「物語」の提示はしてくれない。 この船がどこからおかしくなってしまったか、まあ最初からおかしかったといえばそれはそうかもしれないがニコルズが脱走しようとしたことが最初のきっかけであったろうと思う。

途中ミスリードでどん詰まりしたこともあり、想像以上に時間がかかってしまいましたが、プレイスタイルによっては10時間を切ることも可能なぐらいの程よいボリュームとなっています。