往々 にし て。 「往々にして」はどんな時に使う?正しい意味と使い方や例文を紹介

「往々にして」はどんな時に使う?正しい意味と使い方や例文を紹介

て 往々 にし

「時として」は「時々ある」程度の頻度を示すことができます。 (1)「しばしば」 何度も繰り返されるさま。

17
とりわけ、「往々にして」のように使える意味合いが限定されている言葉では、言葉の持っているイメージを理解することができるので、使える範囲やケースを正しく押さえることができるようになります。

「往々にして」の意味とは?使い方の例文や類語・対義語も紹介

て 往々 にし

「往」は「往く(いく)」とも読み、「(目的地に)向かう。 (2)「たびたび(度々)」 同じことが繰り返しておこなわれるさま。

ややもすると(ややもすれば)• 「往々にして」と「得てして」の違い 「得てして」の意味は「その傾向にあるさま」 「得てして」は、「 ある事態になる傾向にある」という意味で副詞的に使います。

「往々にして」とは?「往々」の意味と使い方!【例文つき】|語彙力.com

て 往々 にし

世界で愛される「旺旺ブランド」に成長 岩塚製菓と旺旺集団との技術提携から30年超。 ものごとが起こる頻度のとらえ方は人によって幅があるため、「往々にして」が指す頻度も「ときどきある」から「ひんぱんにある」まで違いが出てきます。 この他に「往」には「死ぬ、死んだ人」という意味もあり、「既往」「往生」といった熟語がありますね。

3
往々言文一致の 往々一つの 往々俗謠に 往々本邦の 往々俗謡に 往々理性や 往々石骨を 往々落書き 往々無味乾燥に 往々機械的に 往々科学は 往々旧時の 往々十回以上に 往々雨の 往々考えが 往々存在 往々黒焦げに 往々後世の 往々種々の 往々保存 往々訛長訛短が 往々これらに対する 往々弁護料を 往々劃期的 往々彼は 往々文芸の 往々生れ乍らに 往々科学を 往々重要な 往々有害 往々探偵小説の 往々科学者にも 往々正常 往々得意 往々社を 往々当が 往々天から地へ 往々矛盾によって 往々神経質と 往々神秘的 往々政党の 往々中毒事件を 往々軍部 往々之 往々滑稽 往々政治という 往々曲筆を 往々柱の 往々重複 往々職業と 往々生を 往々多くの 往々行 往々文章にも 往々二人だけの 往々絶望 往々他の 往々それに 往々誤解 往々特権として 往々批判という 往々主体的という 往々脱線 往々それは 往々日本主義者までが 往々わたしは 往々冒険を 往々常識を 往々全ての 往々不都合に 往々上乗に 往々相手の 往々西欧的 往々証明 往々感心 往々自家で 往々記者の 往々世間から馬鹿に 往々唱門師いじめの 往々売女 往々文字に 往々立派 往々天才を 往々さ 往々反感を 往々思ひ出す 往々無念無想の 往々貧家の子に 往々事の 往々人間をも 往々凡庸人に 往々自分 往々最後の 往々双子と 往々私に 往々同人雑誌の 往々竹細工に 往々遊蕩的小説などに 往々心酔に 往々恩情主義 往々動物に 往々上野の 往々それを 往々彼女の 往々人を 往々板 往々身体の 往々形而上的の 往々経験 往々彼女を以て 往々俳句という 往々実証主義的に 往々ユーモアと 往々科学者を 往々特別 往々ナンセンス 往々人に 往々利己主義者に 往々社会科学には 往々同一哲学と 往々之を 往々混同 往々進化法則によって 往々汎論理主義とか 往々含有 往々渡船 往々弊害を 往々字が 往々理論が 往々普通の 往々意外にも 往々一石より 往々穴の 往々事情に 往々才力に 往々竊に 往々学者の 往々社会に 往々あれども 往々社會に 往々大衆の 往々想像 往々理論の 往々典型の 往々無辜の 往々真犯人が 往々街上において 往々仮死といふ 往々混錯 往々迷路に 往々閑却 往々変更 往々発見 往々栄達の 往々常軌を 往々党派の 往々日本を 往々此の 往々日本国民の 往々衝突 往々定見 往々地方官を 往々帝国政府の 往々大言壮語群小を 往々辞を 往々内閣の 往々愚弄 往々榮達の 往々黨派の 往々日本國民の 往々舊首領の 往々帝國政府の 往々大言壯語群小を 往々辭を 往々独断に 往々民間の 往々暴露 往々一致 往々不思議 往々海岸や 往々森の 往々見出し 往々本当の 往々不調和に 往々逆説に 往々玄妙に 往々故意に 往々口を 往々盛ん 往々不満な 往々自分の 往々これ 往々これを 往々偏癖に 往々聖人の 往々遊星と 往々最古の 往々世界的 往々魔風ニ苦シメラルルコトアリ 往々發見 往々数カ月に 往々矢張家庭の 往々油断の 往々江戸弁を 往々死生の 往々夜遊びに 往々直ちに種属発生的 往々神経衰弱の 往々幾世界と 往々興行主と 往々擬音から 往々われわれの 往々敵と 往々侯の 往々日本人ば 往々梗塞を 往々村人の 往々魔所と 往々文芸作品の 往々幾月もの間 往々平凡 往々ために 往々オリヴィエは 往々人形使いや 往々禁中へ 往々国民を 往々嫌悪の 往々全豹を 往々浮世絵師の 往々初代豊国の 往々全体を 往々彼ら自身も 往々彼らを 往々残忍無道の 往々祖先の 往々錯雜ヲ 往々判断の 往々危険 往々商 往々批難さえ 往々浅薄扱 往々彼女自身も 往々彼には 往々不慮の 往々女人に関して 往々僻地に 往々実見 往々掠奪結婚が 往々鹿踊 往々路傍に 往々精神上の 往々数磅に 往々筋の 往々支那人の 往々政教上に 往々争論を 往々番人 往々之に 往々五十に 往々霊験 往々三國志の 往々事実に 往々これに 往々化物談が 往々種々に 往々識覚を 往々夢を 往々矛盾 往々威喝を 往々早熟 往々江戸時代から伝承 往々誤謬に 往々小説の 往々流俗ト容レザルモノアリ彼 往々用 往々余などは 往々余は 往々不可解 往々支離滅裂な 往々一種の 往々半ばは 往々実験的 往々吾 往々人々は 往々下剋上の 往々シロウトに 往々皮相に 往々地の文 往々人が 往々我々を 往々題の 往々急峻 往々無鉄砲 往々思想 往々ステッキに 往々油断 往々彼の 往々部下に 往々喰 往々卒倒 往々アカデミシャンを以て 往々ニアリ狗奴國 往々女子を 往々無用の 往々縉紳貴族に 往々没書と 往々神社佛閣の 往々認むるところなり 往々物理学者の 往々それまでは 往々意想外に 往々馬鈴薯の 往々それが 往々冬を 往々お寺の 往々オニユリの 往々紫色に 往々褐紫色を 往々圃に 往々オキナグサという 往々斯までに 往々生硬 往々作家は 往々野蛮 往々近所の 往々酒の 往々内容には 往々芸術の 往々窓を 往々呉服店の 往々此道を 往々農村の 往々私は 往々変 往々金持が 往々新聞の 往々官憲の 往々不十分 往々いろいろ 往々世間に 往々一時代を 往々青年の 往々虚勢的 往々住 往々微細 往々真の 往々余裕を 往々浮華に 往々人の 往々地乾き汚水處 往々類似の 往々人物の 往々沈吟低徊 往々鷲にて 往々実例を 往々開進の 往々寄宿生の 往々手段を 往々出村 往々記録に 往々不用意 往々歓迎 往々彼を 往々世に 往々棋を 往々いくらでも 往々本誌巻頭挿入の 往々知 往々彼が 往々同君の 往々大人は 往々判断を 往々ある 往々有り 往々見受ける 往々書く 往々見られる 往々見える 往々だ 往々書い 往々云わ 往々なり 往々さう 往々みえます 往々見え 往々用いられ 往々考えられ 往々見受けられる 往々考える 往々みられる 往々言うべからざる 往々あり 往々見うける 往々落ち入る 往々見られる優れた 往々忘れられる 往々知る 往々ありました 往々傷められ 往々患うる 往々行なわれる 往々見る 往々持ちあげ兼ねる 往々誤り伝へられ 往々云われ 往々誤 往々聞く 往々信じ 往々である 往々であるだろう 往々あった 往々飛ん 往々忘れられ勝ち 往々凝 往々かかる 往々見るであろう 往々見出される 往々断わられる 往々であっ 往々やって来る 往々来る 往々期せ 往々弁じ 往々ひからび 往々際立った 往々誤った 往々たがい 往々取扱う 往々墜ち 往々夢見る 往々あります 往々読まざる 往々有りうる 往々いっ 往々かよう 往々顧みられない 往々あり得る 往々忘れ 往々伝えられる 往々植え 往々出 往々見かけた 往々とぎれ 往々生きた 往々誤る 往々考え 往々かう 往々繰り返し 往々存する. 頻繁(繰り返し繰り返し行うさま)• 審査の結果、ご希望に添えないと言うことも往々にしてございます。

「往々にして」の意味とは

て 往々 にし

時として 「往々にして」は指し示せる頻度の範囲が広いので、もう少し限定したい場合は「時として」を活用するとよいでしょう。

18
ポジティブな事柄を表現する際に使っても間違いではありませんが、「往々にして」はネガティブな事柄を表現する際に多く使われる言葉であるため、ネガティブな意味合いを持つ言葉としてのイメージがあります。 【例文】• 「次の日が朝早いとわかっていても、つい遅くまでテレビを観てしまうことが往々にしてある」という例文で、よくないということを十分理解していながら、ついやってしまうという時に「往々にして」を用いることができるのがわかります。

「往々にして」はどんな時に使う?正しい意味と使い方や例文を紹介

て 往々 にし

「往々」だけで「頻繁にある」という意味を表します。 主に頻度が多い事柄に使いますが、「frequentcy」というように名詞にすることで、頻度そのものが多い状態を表すことも可能です。

9
「往々」の類義語や言い換え方 「往々」の類義語、言い換え表現には次のようなものがあります。

「往々にして」の意味とは

て 往々 にし

「往々にして」の意味を理解し、ビジネスシーンで活かしていきましょう 「往々にして」の意味 「往々にして」という言葉は「物事が起こる回数が多い傾向にある」という意味です。 「往々にして」も物事の起きる回数が多いことを指す場合はあるため、「しばしば」に置き換えて表現することが可能です。 occasionally• 望む通りの自分になりたいのならば、現在までの自分と未来の自分は異なると認識すること。

17
・(いったん電話を切ってから、もう一度かける際に) たびたび失礼致します。 「往」という漢字は「昔」という意味合いを含んでおり、昔から現在へと向かっていくニュアンスがあります。

未来の自分を決めるのは、自分自身である 意識と行動を変える3つのステップ

て 往々 にし

ビジネスシーンでの使い方や、丁寧な表現、敬語表現などを間違えてしまうと、取引先や上司との円滑なやりとりに支障が出てしまうため注意が必要です。 ・こうした光景は、昔は往々、よく見られたものだ。 「往々にして成功する」などといいことに対して使うと、相手は違和感を感じますし、「成功したくないのかな?」と余計な誤解を招いてしまうかもしれません。

物事がとても頻繁に起こるという状態を指す場合もあれば、物事がたまに起こるという状態を指す場合もあります。 まとめ 「往々にして」の意味と語源をはじめ、例文や類語・対義語も紹介しました。

「往々にして」とは?意味や使い方をご紹介

て 往々 にし

通勤時間帯の路線バスは、往々にして時間どおりに到着しないものだ。

「往往にして」と書くこともある言葉で、「よくあること」を表したい場合に用います。

「往々にして」の意味と使い方例文5例・読み方・類語

て 往々 にし

「往々にして」も「往往にして」と表記されることがあります。 しょっちゅう(常に、いつも、たえず)• 「往々にして」の敬語表現 「往々にして」の敬語表現は「往々にしてあります」が基本です。

3
ですから、「往々、よく~」という言い回しをする場合は、文章の内容や流れをよく考えることが大切です。