西村 京太郎 トラベル ミステリー。 西村京太郎の人気おすすめランキング10選【賞獲得作品多数】

西村京太郎の人気おすすめランキング10選【賞獲得作品多数】

京太郎 トラベル ミステリー 西村

今西めぐみ -• 黒田真紀(地検検事・三郎の妹) -• 十津川警部は、亀井刑事はが演じている。 十津川班では最もキャリアの浅い刑事とされ、犯人逮捕時の確保役や事件発生時の先遣役となることが多かった。 柏木紀夫(参議院議員) -• ゲスト [ ] 第1作「ブルートレイン・寝台特急殺人事件」(1979年)• ハルコ(金沢のホステス・恭子の同僚) -• 十津川が由美子のもとを訪ねると…確かに彼女こそ羽黒山で出会った女性だった! 由美子は十津川と別れた後、スケッチブックを盗まれたと主張する。

14
小早川恵と名乗る美女が、月曜日には経済研究所に勤める武藤明、火曜日には精機メーカーの重役である川上信彦、水曜日には大手出版社勤務の大杉修、木曜日にはベンチャー企業の社長である岸川正典、金曜日には外務省の役人である仲真一郎と「特定の日、一晩自分と一緒に過ごしてください。 岡島 - 尾形大作• 三浦浩(画家・磯部の友人) -• 北條刑事役の山村紅葉が女優を休業(勤務)していたため出演できなかった代役として登場。

TV/西村京太郎トラベルミステリー/十津川警部VS鉄道捜査官・花村乃里子

京太郎 トラベル ミステリー 西村

磯部功一郎(新進画家) -• 堀川(弁護士) -• 小暮 -• (2018年4月24日、テレビ東京) インターネット番組 [ ]• - (2006年7月3日アーカイブ分)• 原勝一 -• 大野(三津山化学工業 研究所所長) -• 「西村京太郎 衰えぬ筆力」日本経済新聞夕刊(2013年5月14日)16面より• 6 ; box-shadow: inset 0 1px 1px rgba 0,0,0,. 第38作、第42作、第47作、第50作、第55作、第57作、第59作、第61作、第62作、第66作は21時00分から23時21分までの拡大放送。 大倉(刑事) -• - (2016年3月5日アーカイブ分)• 高品誠(和菓子屋主人・十津川省三の大学時代のボート部仲間) - 第42作「北帰行殺人事件」(2004年)• 以前、スケッチ旅行に出かけることができない自分に代わって、出羽三山のスケッチをしてきてほしいと由美子に頼んだことがあったという。 松山史朗 演 - (第56作 - 第68作)(少年期:〈第58作〉) 警視庁捜査一課・十津川班所属。

16
この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。 階級は巡査部長。

『西村京太郎トラベルミステリー』1979年~2017年 過去の放送スケジュール&全作品一覧まとめ

京太郎 トラベル ミステリー 西村

沼田勝(暴力団準構成員・元千葉県警 警察官・前科者) -• 高橋保(警視庁刑事部長) - ゲスト [ ] 第1作「日本一周「旅号」殺人事件」(2003年)• 鳥羽総合病院 婦長 -• 岩室温泉「高島屋」フロント -• 東日鉄鋼部長 -• 荒木健次(荒木探偵者 代表) -• 井崎徹 -• 小木(刑事) -• その他 [ ] シリーズ化していない作品には以下のものがある。

8
制作 (制作担当:林みのる)(演技事務:清水亜紀、藤城ひかる)• 霊媒師 - 小甲登枝恵• 井上明(松木金融 元社員) -• 山脇 -• 水野(伊東警察署 刑事) -• 秋山博之(出版社社長・故人) -• 削除に対する議論に参加し、に該当するかどうか検討してください。 第70作では本作と同じく原作で、また同じく「土曜ワイド劇場」出身のシリーズである「」とのコラボレーションが行われ 、「鉄道捜査官」から花村乃里子()、手塚真理絵()、大沢次郎(山口竜央)がゲスト出演している。

『西村京太郎トラベルミステリー61』(2014年3月)あらすじ&ネタバレ 原沙知絵,勝村政信,寺泉憲ゲスト出演

京太郎 トラベル ミステリー 西村

第3作には、演じる亀井刑事が登場したが、十津川警部が登場したことは無い。

そしてこの小説が最初に発売された2005年には、西村京太郎さんは日本ミステリー文学大賞を受賞しています。

『西村京太郎トラベルミステリー61』(2014年3月)あらすじ&ネタバレ 原沙知絵,勝村政信,寺泉憲ゲスト出演

京太郎 トラベル ミステリー 西村

高橋英樹さん出演ドラマ『 西村京太郎トラベルミステリー60 秩父SL・3月23日の証言? 桂木雄一郎(三津山化学工業 社長) -• 原田美代子(原田の妻) -• 白井美咲(小島の高校の同級生・今年の2月14日に心臓発作で死亡) -• 加代 -• ケイコ(一子の秘書) -• 久木庸三(久木クレジット 社長) -• にの「」で、が十津川警部を演じた『 』が放送されたが、本作の主役は十津川警部ではない。 また十津川と亀井がともに地方に飛んだ場合は彼が十津川の代行となる。

6
「冤罪シリーズ」という、2000年から2003年までTBS系で加藤剛さん主演で放送されていたテレビドラマシリーズに、この小説の主人公である大学の民俗学の教授・若杉徹が主人公として登場しており、冤罪事件に挑んでいる。

西村京太郎トラベルミステリー72 十津川警部のラストラン|日曜プライム|テレビ朝日

京太郎 トラベル ミステリー 西村

- (2016年4月2日アーカイブ分)• プロカメラマン。 臨時人事委員会在職中の19歳()の時に、職場の同僚達が発行していた同人誌『パピルス』に参加。

公衆電話からの着信で、ボイスチェンジャーを使った甲高い声が「やっぱり 特急きぬ115号に乗ったんですね」とだけ告げて切れた。 熊倉松吉(柳田の元運転手) -• 柴田大輔(「日本一周ツアー」客) -• 山下(タクシードライバー) -• 青木ゆみ子(洋品店経営) -• よく聞き込みに出かけて新情報をもたらし捜査を進展させる場面が多い。