大河 視聴 率。 大河ドラマを視聴率ランキングTOP15でふり返ろう【21世紀編】

“大河復活”「麒麟がくる」最終回視聴率18・4% スピンオフ制作への機運高まる― スポニチ Sponichi Annex 芸能

視聴 率 大河

19位:風と雲と虹と 第19位は、1976年に放送された「風と雲と虹と」です。 33位:功名が辻 第33位は、2006年に放送された「功名が辻」です。 6% 主演:綾瀬はるか(新垣八重役) 脚本:山本むつみ他 時代:幕末~明治初期 この年は、東日本大震災応援で大河ドラマの舞台が会津になりました。

18
また、武田信玄に仕えた数々の優秀な武将達が登場し、錚々たる俳優陣達によって魅力的に演じられています。

NHK大河ドラマ

視聴 率 大河

黒田官兵衛の妻・光(てる)役は中谷美紀さん、官兵衛の息子・黒田長政役は、ブレイクし始めていた松阪桃李さんが演じています。

14
伊達政宗の生涯を幼少期から描き、奥州での獅子奮迅の快進撃や、豊臣政権に従った後のエピソード、大坂の陣や徳川政権下でのエピソードまでが重厚に描かれます。

歴代大河ドラマ視聴率ランキングワースト10【1位は同率で幕末と平安大河

視聴 率 大河

今までの大河ドラマのイメージからすると、斬新すぎた感はあります。 48位:琉球の風 第48位は、1993年放送の「琉球の風」です。 日曜午後8時台の民放2強、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」、テレビ朝日系「ポツンと一軒家」はともに14・2%で、大きく引き離した。

9
大金を投入して制作した「青天を衝け」が2回目(2月21日放送)にして視聴率16・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と前週第1回の20・0%から一気に3・1ポイントもダウンしてしまったのだ。 6% 主演:堺雅人 (真田幸村役) 脚本:三谷幸喜 時代:戦国時代~江戸初期 私は面白く見ていたので、低視聴率ランク入りで驚きました。

大河ドラマ歴代視聴率ランキングTOP20【2021最新版】

視聴 率 大河

相手役が三田佳子さんでした。 ドラマは低視聴率でしたが、 地元の直虎大河ドラマ館はとても盛況だったようです。 安土桃山時代の貿易商・呂宋助左衛門を主人公とし、戦国時代の経済や庶民の暮らしに光を当てた画期的な作品となっています。

4
主人公・大村益次郎役を、人気歌舞伎役者の4代目中村梅之助さんが好演しています。

【大河ドラマ】歴代視聴率ランキングTOP20 視聴率一覧表&グラフ推移

視聴 率 大河

NHKテレビ放送開始50周年、大河ドラマ40周年記念作品でもあります。 井伊家存続の為、井伊谷を治める事に尽力した主人公・直虎を柴咲コウが熱演し、井伊の繁栄を期待された待望の直親の嫡男・井伊直政を菅田将暉、鶴の愛称を持ち井伊家の筆頭家老となる小野但馬守政次を高橋一生が演じました。 第9位は大河ドラマ第43作『新選組』で、2004年1月より1年間放送されました。

平均視聴率は「31. 「真田丸」は戦国武将の中でも特に人気の高い真田信繁(幸村)の生涯の活躍を描いた作品です。

吉沢亮主演の大河、視聴率大台超えスタートも…受け答えする態度が不評?

視聴 率 大河

17位:篤姫 第17位は、2008年に放送された「篤姫」です。 女優・三田佳子さんが美貌の日野富子を演じて人気を集めました。

10
本作では、真田信繁の父・真田昌幸が圧倒的な人気キャラクターとなり、演じた草刈正雄さんの再ブレイクにも繋がりました。

歴代大河ドラマ視聴率ランキングワースト10【1位は同率で幕末と平安大河

視聴 率 大河

本作品は巌流島での戦いの後の武蔵の人生を描いた作品で、幼馴染の又八との友情や恋人のお通との愛を丁寧に描かれています。 大河ドラマでも初期の作品で、幕末の志士・坂本龍馬の活躍が描かれました。 姉たちとともに戦乱の世の中に翻弄されながら、それぞれが自分の信念をもって生き抜いていく江の姿を通して、女性目線での戦国史を描き出しています。

16
平均視聴率は「23. 男性が主役の戦国ものになると、女性層をつかめなくなるのではと思います。

Audience Rating TV > 視聴率 > NHK大河ドラマ

視聴 率 大河

歴代大河ドラマ視聴率1位 平清盛 2012年 平均12% 主演:松山ケンイチ(平清盛役) 脚本:藤本有紀 時代:平安末期~源平内乱 私は面白く見ていました。 周りを支えたのは、天海祐希や菅原文太、伊藤英明や竹野内豊でした。 女性目線による戦国時代を描いた作品は、当時としてはかなり珍しく、専門家による時代考証に基づいた、戦国武将達の家庭生活なども興味を集めました。

物語上、直虎・井伊直親・小野政次の3人を幼なじみとし、登場人物の子ども時代を丁寧に約1ヶ月かけて描かれました。 豊臣秀吉の名軍師として知られる、黒田官兵衛を主人公とし、その生涯が男臭く描かれた骨太の戦国作品です。

大河「青天を衝け」初回視聴率20・0% コロナ禍混乱に負けず8年ぶり大台発進/芸能/デイリースポーツ online

視聴 率 大河

54位:花の乱 第54位は、1994年に放送された「花の乱」です。 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜を主人公とし、ペリー襲来や安政の大獄、尊王攘夷運動、江戸開城など、動乱の幕末期が丹念に描かれます。

17
「墨俣の一夜城」「竹中半兵衛調略」「金ヶ崎の退き陣」「中国大返し」などの秀吉の英雄的かつ伝説的な逸話がドラマティックに再現され、英雄譚的な「太閤記」を周到するような内容でダイナミックに物語が展開します。